ようこそ!コトリ工房へ

小鳥と植物の土型染 コトリ工房 イメージ画像

コトリ工房では、沖縄紅型(琉球紅型)の技法を取り入れたオリジナル型染め雑貨を制作しています。
小鳥などの動物、旅先・散歩先で出会った土や植物たちの色を集めて生まれた作品たち。布と紙の上に広がるコトリワールドをお楽しみください。

わが家のゴーヤー君


7月に種をまいたゴーヤーが、その後ぐんぐん成長して立派なグリーンカーテンになってくれた。
そしていくつか実を結び。
沖縄から送ってもらうお父さんのゴーヤーに比べたら、子どもみたいに小さいけれど、
わたしたちが毎日「かわいいね、ありがとうね」と声をかけて育てたゴーヤー君。
1つめのゴーヤーは、収穫のタイミングをのがし黄色なってしまったけれど、
二番手のこの子は無事食卓にあがることになった。
味は、沖縄のゴーヤーよりも苦くない。
色も濃い緑でなく、ライムグリーン。
野菜を育てるって楽しいんだ!
と思った。

あれから半年


前回ここに来た時は、雪景色だった。
雪崩で通行止めが解除されたばかりで、ほとんど人もいなかった。
もちろん川床のお店は、みな閉まっていて、静かに川の流れる音が聴こえるだけだった。
あれから半年しか経っていないのに、わたしたちをとりまく世界は大きく変わって、
でも変わらず家族や仲間たちとこうして今も一緒にいられて、
それが何よりもの幸せ。
ここ数日の涼しさは、「暑い暑い」いっていたら、
いきなりあたまから冷や水をかけられて、目が覚めるような感じ。

「日々のこと」リニューアル!


コトリ工房個展まで、一ヶ月をきってしまった。
ということで、今日から日記「日々のこと」も衣替え。
先日、京都の大文字焼き(送り火)をはじめて見た。
沖縄でいうウークイエイサーだね。
わたしたちのところから見えたのは、妙法の「法」と船形と、遠くのほうに「大」。
たくさんおいしいもの食べて、たくさん歩いて、たくさん笑った。
特別な夏の、特別な時間に、
世界の終わりとはじまりを味わう。