スマホで通話できず困る高齢者

2022年6月30日(木)

勉強スマートフォンで電話をかけたいのに、通知があって戸惑う。

僕がてスマホを使い始めたとき、電話をかけたり、呼び出しに応えるとき、戸惑った。
同じようにあたふたするお年寄りもいるよね。
でも、何度も電話するうちに慣れて、今では何ごともなかったように、操作している。

お年寄りがいつものように電話をかけようとしたら、通知が表示されて、いつもの操作が効かない。
さて、困った。
操作できない、動かないのは、わかった。
でも、通知を読まないのだ。文字が小さくて読めない。

僕が代わりに読んで、お金がかかるとか、設定変更じゃないのを確かめて、色のついたボタンを押すように促す。
先日、通知や小窓は、「X」バツマークを押して閉じることを教えた。
今回は「X」がない。色のついたボタン。
読めば、ボタンを気づける。
読めないと、ボタンと認識できない。

高齢者やITに不慣れな人には、スマートフォンという言葉ではなく、「超小型の高性能コンピューター」と伝えた方がよさそうだ。
僕にとってスマホは、電話ができるコンピューター。ウェブ管理もしているし。

きぢのイメージ画像

きぢは、仲間と一緒に暮らしを楽しくする工夫をしています。活動方針を「コトリ工房デザイン部とは」で紹介していますので、ぜひご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。