デジタルネイチャーでも人の魅力を伝えたい

雑草として有名なセンダン草
植物や生物がこの世にあるように、デジタルデータにあふれた社会が迫っている。

デジタルネイチャーという言葉を耳にしたとき、2025年には当たり前なんだろうなと思った。
スマートフォンが普及した今だから、簡単に想像できる。
特にAIのおかげで、秒速でクリエイティブが進み、今までの職人が要らなくなる。
こんにちは。AIに驚いてばかりの器用ボンバー職人™きぢです。

世の中には一定以上の質の商品やサービスがあふれている。
ハズレがほとんどない。
質を向上させ続けてきた人や会社のおかげだよね。
これ以上クオリティーを上げて価格も上げられるか疑問を感じる。

僕も含めてモノを買う理由を調べたら、『ひと』だった。
好きなひと、応援したいひとの商品を買う。
人の魅力が買う理由につながる。
じゃあ、人の魅力ってなんだ。

可愛げや笑える要素が、魅力だよね。
カッコいいもあるし、美しいもあるか。
人の魅力はどんな要素か、魅力をどう伝えるか、を調べています。
それが分かれば生き抜く知恵も得られると思うんだ。
失敗ばかりで恥ずかしいけど、いちからの学習って楽しいね。

きぢ
きぢのイメージ画像

カフェ勉強会のことは、ブログカテゴリー沖縄おとな予備校に書いたりしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です